東大合格体験記 - 理三

各科目のオススメの勉強法

英語

英文をひたすら声に出して読みましょう。1つの文章につき、5〜10回は読んだほうがいいでしょう。これにより、単語を記憶するだけでなく、英文を自分の物にすることができます。英作文も得意になり、英語の総合的な力が付きますので、おすすめの方法です。

数学

青チャート、1対1、25ヵ年という順番に仕上げていきました。この順番にやれば、無理なく成績が伸ばせることを保証します。

国語

古文と漢文は、限度はありますが安定して得点できる部分なので、過去問をひたすら解きました。現代文は、慣れる程度です。国語は自分では採点が困難なので、先生に添削してもらいましょう。量よりも質です。

化学

リードα、重要問題集、新演習、新理系の化学問題100選という順番に仕上げました。新研究を辞書代わりに用いましょう。載っていない事項がないです。むしろ詳しすぎるくらいです。僕の友達で、新研究を何回も読んだというツワモノがいました。

生物

まずは、教科書を何度も読み返し、次に理解しやすい生物I・IIを何度も読み返します。これを夏までに仕上げ、後は25ヵ年・東大模試の過去問で実践的な練習を重ねます。

全教科共通

どんなにしんどくても、毎日少しずつでも勉強していくことが大切です。日々の積み重ねが、最後には桜を咲かせるでしょう。日々の積み重ねの進み具合を確認するためにも、計画は必ず立てましょう!