2012年度入試 東大合格体験記 - 理二 Y.Y.さん

受験生へのアドバイス

たぶん、ほとんどの受験生はつらいと思っているだろう。その中でどうやって周りと気持ちの面で差をつけるか。一つの方法として、ささいなことでも嬉しさや、楽しさを大切にするというのがある。例えば、難しい問題が解けたとか、模試でちょっと良い点がとれたら大いに喜ぼう。逆に悪い点だったり、点数が下がったりしたら、感情的にならず、冷静に何をすればよいか分析するだけにしよう。つらさと楽しさは共存できる。努力できる人は、つらいとも思っているだろうが、それを楽しんでる一面があるはずだ。大学行ったら天国だと思っているひともいるだろうが、大学は努力を楽しめるようになって初めて12分に楽しめるところだ。その意味で大学生活を謳歌するために、今、受験で己を鍛えよう。