東大合格体験記 - 理一

学年別の勉強内容

高1

何となく東京工業大学を目指していた。高校受験が終わり、やっと遊べるとか思って勉強はおろそかにしていた。化学と数学は授業についてやっていた。世界史、国語ができなかったので理系に進んだ。ひどい。

高2

まだ東京工業大学を目指していた。冬に担任の先生に『狙える』と言われたので、東大に挑戦することにした。このとき国語をやっていなくて焦った。基本学校の授業についていっただけだった。高2でもっと勉強しておくべきだった。ひどい。

高3

自分で勉強する癖をつけるようにした。夏休みの8割を学校の自習室で過ごした。モチベーションが下がって勉強する気が起きない時は思いきって息抜きをした。センター試験が一番苦しかった。センターが終わってからは引きこもって毎日同じような日々を過ごした。落ちたときのことは考えないようにした。センター後の勉強はとても気持ちが楽になったのでのびのびとやった。