東大合格体験記 - 文二

各科目のオススメの勉強法

英語

まずは英語を好きになることです。アメリカに留学したいとか、もっと言えば、アメリカの可愛い女の子と付き合いたい!などという下心でも構いません。初期動機さえあれば、あとは勝手に東大英語が読めるレベルになっています。

数学

高校や予備校の教材ばかりしていました。あと、チャート式の青いやつは10周くらいした覚えがあります。

国語

特にやっていません。予備校の教材を軽くやる程度でした。

地理

自分が海外旅行や国内旅行に行くなら、どこに行きたいかと考えながら勉強していました。楽しんで勉強すれば、飲み込みも早くなります。勉強が趣味のようになっていきます。

世界史

まずは、教科書を5〜10周ほど繰り返し読みます。用語集や一問一答で確認をしながらがいいでしょう。そして、問題集や過去問を用いて、論述対策に入ります。論述は、1回目は、何も見ずに解き、2回目は参考書などを見ながら解きます。頭を整理しながら勉強することが一番のポイントです。そしてもっと大切なことは、東大の受験勉強を通して、他国の歴史を積極的に知るというスタンスなのかもしれません。

全教科共通

調子がいい日もあれば、やる気の出ない日もあります。どうしてもやる気の出ないときは、無理に調子を上げようとせず、一日中遊んでしまえばいいのです。それくらいの心のゆとりがなければ、長期戦を乗り切ることはできませんし、試験当日は空気に飲まれて実力が出ないなんてこともありえます。無理矢理にでも、心にゆとりを持たせましょう。