東大英単語 特徴・勉強法

東大二次試験では、これといって難しい英単語は出題されません。 著名な英単語帳(駿台のシステム英単語・DUO・音読英単語など)を1冊仕上げれば、東大合格に必要な英単語力は身に付きます。

しかしもちろん、これらの英単語帳をやったからといって、東大の試験で出題される英単語を網羅できるわけではありません。 東大の試験では、中にはマニアックな英単語も出てきます。

そこで必要になってくるのが、わからない英単語の意味を類推する能力です。 東大受験生は、上記のような英単語帳を仕上げて、ある程度の英単語力をつけて試験に臨みますので、この類推力が東大合格のカギになります。

では、どのようにして英単語の類推力を鍛えればよいのでしょうか。 英語の長文を読むことで類推力は鍛えることができます。

その際に一番大切なのは、分からない英単語で立ち止まらないということです。 いちいち辞書で英単語の意味を調べていてはいけません。 分からない英単語と出合っても、その文を読み切ってしまいます。 そうすると、次の文でも同じ内容が書かれていたりして、案外文章がすんなり読めたりするものです。

もちろん、そのまま読み進めても英単語が類推できないことは多々あります。 でも、気にしないでください。 東大英語で大切なのは、木を見て森を見ずにならないようにすることです。 難しい英単語にばかり気をとられていて、英文全体の意味が分からないのでは東大英語の問題は解けません。 東大の問題は、細かい英単語の意味を問うような浅いものではなく、英文がきちんと読めているかということを確かめるようなものが大半を占めるからです。 そして、英文がきちんと読めているという前提で、細かい単語の解釈を東大は問題にしてきます。

東大対策としては、文章を2、3回読んでみて、そのあとはじめて英単語の意味を調べるようにしましょう。 この勉強法を続ければ、東大合格のカギとなる英単語類推力は飛躍的に向上します。 東大英語で他の受験生と差をつけましょう!

東大勉強法

東大入試受験ガイド