Webマネジメントシステムを知る

Web制作といったプロジェクトの完成を目指した管理手法としてのPMBOKに対し、Webサイトのトータル的な運用に焦点をあてたものにWMS(Web Management System)というものがあります。これはどちらかと言うとWebの有効利用に根差した管理システムであり、プロジェクトマネージャにも有意義なメソッドと言えるかもしれません。ここでは基本として七つの要素が提示されています。大前提となるミッションや組織と役割・責任というストラクチャーに対し、オペレーションに属するプロセス、メジャメント、ポリシーそしてコンテンツモデルが挙げられています。これらのバランスを図りつつ、トップダウン的に全体となるロジックを決めたうえで、フレームワークを決め、最後に構成する中身を作り上げていくというフローで構築して言うことで、設計通りのものが完成すると言われています。