皆さんが自分のお店のホームページを持ちたいなぁと考えはじめた時、どんな理由をもとにホームページを開設したいとお考えでいらっしゃいますか。

たとえば、お客様とのコミュニケーションを円滑に保ちたい、新たなる新規お客様を開拓するために広告塔となるようなホームページを開設したい、店舗で扱う商品やサービスを実際に店舗に訪れていただかなくてもお客様がサイト上で購入しクリック1つでお手元に届けられるような通販システムを導入したい、などなどお店の店主さんがホームページを開設されるには、様々な理由があるはずなのです。

ホームページは、皆さんのお店の名刺がわりにもなりますし、お店で扱うサービスや商品を宣伝してくれる宣伝マンとしての役割や、商品を次々と販売する営業マンとして活躍してくれる存在ともなり得るのです。

実際に皆さんがご自身のお店のホームページを開設したいと考えられた時点で、まずはどういった理由のもとに、お店のホームページを制作されたいのかということを、1度整理されることが大切となってきます。

ホームページは、開設される目的によって大きくデザイン性やレイアウトが異なってくるということを覚えておきましょう。

           

                

穴場キーワード

SEO対策を進めていくと、ホームページ作成後、なぜだか分からないけどアクセスが集まると言ったキーワードが現れてくることがあるようです。

こう言った理由はわからないけどアクセスが集まると言ったキーワードが出てきた場合は、チェックしておくべきと言えるでしょう。

GoogleAnalyticsを使用し、アクセスを集めるキーワードを見てみると、予想外のキーワードがアクセスを集めていると言ったことは意外と少なくないようです。このようなキーワードというのは、意味がわからずとも、新しくカテゴリーを設置したりページを作ると言った際のヒントとして貯蓄しておくと良いでしょう。

ページタイトルや見出しなどに盛り込んでいないものでアクセスを集めているキーワードは、強調されていないのに検索される二ーズがあるという証拠であり、他に競合サイトの少ないキーワードの「穴馬」ということが考えられるでしょう。

例えば、料理をテーマにしたサイトを考えてみてください。

アクセス解析を見てみると、料理名をキーワードとして扱うより、料理人やシェフの名前に対してアクセスが集まったりしていることがあるようです。ここで、作り手側の名前をキーワードとしてサイトを作成してみると、多くのマニアックな閲覧者を得られたようです。

ほかにも、食材のキーワードなどでアクセス誘導が狙われることが多いようですが、これらのキーワードと「作り方」を組み合わせた場合のアクセス数というのも注目されていたようで、このようなことを踏まえ、食材と作り方をセットにした新しい力テゴリーでページを作ることが有効と考えられるのではないでしょうか。

意図していないキーワードであっても、サイトテーマに関するものの場合、そのキーワードを積極的に活用し、力テゴリーやページを作っていくことが望ましいと言えるでしょう。

集客力のあるキーワードを多用することで、アクセス数アップが期待できると言えるでしょう。

                    

            

キーワード出現頻度

SEOのキーワードの出現率をチェックしてくれるツールは、ほとんどが「ページ全体におけるキーワー ドの出現率」をチェックしています。

この場合、無料ブログなどでは、定型文となるサイドバーのテキス卜やタイトル周りのテキストなど、キーワードが集中して いるテキストも計算に含まれます。したがって、本文中にキーワードがまったくない記事でも、ツールを使ってキーワードの出現頻度を調べると、それなりにキーワードが含まれていると表示されてしまいます。余計なブログパーツを可能な限り非表示にし、プログ自体のタイトルの文字数を極力短くするなどの対策を行いまし ょう。

さらに、ソーシャルメディアからの転送記事も注意が必要です。

Twitter の記事は3000 ツイー卜程度で消滅しますし、 Facebook の投稿は検索エンジンの検索対象外ですので、転送先の無料ブログの テキストがオリジナ ルのコンテンツとして残ることになります。

しかし、 Twitter やFacebook からの投稿では、文字数が圧倒的に足りない場合がほとんどです。

             

            

海外で行うSEOについて

IT用語でよくSEOという言葉を耳にします。これは検索エンジンからサイトに訪れる人を増やし、ウェブサイトの成果を向上させる方法のことで、このためには特定のキーワードを使って検索された場合に自分のサイトを上位にくるようにページやサイトや他の要因をアレンジすることが多くなっています。

海外SEOは海外ユーザーを対象にして、サイトを最適にするための取り組みです。海外SEOを行う理由は海外市場展開を目論んでいる個人や法人ウェブサイトに対してサービスをします。海外SEOが順調に進めば外国の検索ユーザーに接触でき、自分のサイトに外国のユーザーを取り入れることができれば、顧客の層がぐんと広がります。

あなたの企業は国際的にも有名になることが夢ではないし、また業績も伸びることが予想されます。海外のSEO対策をする時に質の良くないコンテンツを翻訳しただけでは、google等の大手リサーチエンジンに評価されません。評価されないと大手リサーチエンジンで検索しても、自分の名称や企業名が上位にきません。

こうなっては海外市場展開も容易ではなくなります。それで、海外のSEO対策には高品質のコンテンツを英語を始めとする多言語に翻訳して対応することで進行させることが必須です。リサーチエンジンですが、中国ではgoogleが使用できずにその代わりに、中国の「百度」が中国国内のリサーチエンジンで大きなシェアを占めている国もあります。国によって主要なリサーチエンジンが異なるので、海外のSEO対策にはこの点でも注意を払わないといけません。

またドメインやサブドメインを国ごとに変えたり、サブディレクトリで分けることも必要です。この他に海外のSEO対策ではサーバーも重要になってきます。

掲載されているサイトがその国のサーバーにうまく繋がるかをチェックしてください。日本のサーバーは海外からのアクセスに制限を設けているのも少なくありません。基本的には多数の地域で利用されるサーバーの方がよいでしょう。